マナーを守り個性を活かす|結婚式の費用を節約したいなら格安プランをチェック

結婚式の費用を節約したいなら格安プランをチェック

結婚式

マナーを守り個性を活かす

招待状

ルールやマナーを守る

結婚式の招待状は、日頃からお世話になっている方々に送る大切なものなので、ルールやマナーを守って送ることが大切です。招待状は、結婚式や披露宴の二ヶ月前までには招待客に届くように発送し、一ヶ月前には出欠の返信をもらうように手配します。招待状の文章には様々なルールがありますが、区切りを意味する句読点や再婚や離婚を連想させる忌み言葉を避けて作成します。また、式場が横文字や難しい漢字の場合は、わかりやすいようにフリガナを付けたりカタカナ表記にします。招待状を入れる封筒の宛名は毛筆で書き、切手は慶事用切手や寿切手を使用することで、招待客への心遣いとお祝い事を印象付けることができます。結婚式の招待状を送る場合には、様々なルールやマナーを守り、気持ち良く出席してもらえるようにすることが大切です。

個性を活かし心を込める

結婚式の招待状は、結婚式や披露宴へ招待する方への最初のアプローチなので、招待客が気持ち良く出席できるように心を込めて作成することが大切です。招待状や席次表、席札などのペーパーアイテムは、専用ソフトを使用して自作することも可能なので、新郎新婦ふたりの個性を活かすこともできます。ふたりの好きなキャラクターや風景を印刷したり、似顔絵や写真を使用した切手を作成することで、招待客の印象に残ります。招待状を自作する時間がない人は、結婚式場が提携している専門業者に依頼する場合が多く、式場の雰囲気に合わせてペーパーアイテムを用意すると統一感が出ます。招待状の種類はたくさんあり、デザインや色、紙質などで印象も変わりますが、心を込めて作成することがとても大切です。